オリンパス大幅4日続伸、GS証券が投資判断を「中立」から「買い」に

 オリンパス<7733.T>が大幅4日続伸。株価は一時、前週末比198円高の1997円まで買われている。ゴールドマン・サックス証券が投資判断を「中立」から「買い」とし、コンビクションリストに新規に採用するとともに、精密機器セクターの13年のトップピックと位置づけている。映像部門の構造改革前倒しで来期業績のⅤ字回復がより現実味を帯びてきたことに加えて、米国での医療機関の設備投資意欲の改善確認から内視鏡分野は高成長の持続を想定すること、さらに新経営陣がノンコア事業の売却や有利子負債の削減などを早速実行しBSやCFの改善に期待が持てることなどを評価している。なお、目標株価は1970円。

オリンパスの株価は11時30分現在1966円(△167円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)