東京株式(後場寄り付き)=円高嫌気して日経平均は上昇幅を縮小

 15日後場寄り付きの東京株式市場は、日経平均株価がやや上昇幅を縮小している。甘利明経済再生担当相が閣議後の会見で、過度な円安は輸入物価にはねかえり、国民生活にマイナスの影響もあると述べたことが報じられ、外国為替市場で対ユーロ、対ドルで円高が進行したことが嫌気されている。アジア株式市場は高安まちまちの推移となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)