NTNは足取り軽やか、追い風材料が相次ぐ

 NTN<6472.T>が一段と買い気を強めている。ベアリング大手で等速ジョイントは世界でも屈指の高シェアを持っており、昨年11月中旬以降は海外投資家をはじめとする大口投資家の出遅れ物色の対象となってきた。今3月期の業績については、70億円の最終赤字見通しだがこれは織り込み済み。市場のコンセンサスは今期が底で来期60~70億円の黒字浮上が濃厚とみられていることが物色人気の底流にある。最近は航空機大手のP&Wから大型軸受けを受注したほか、12年10~12月期に22億円の有価証券評価損の戻入益が発生するなど追い風材料が相次いでいる。ベアリングは中国市場の販売悪化を背景に設備投資額を縮小する動きにあるが、その半面、減価償却を終了した国内工場設備の加工機械の再利用など資金面での合理化につながりプラスに評価できる。

NTNの株価は14時01分現在246円(△12円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)