大建工が3日続伸、出遅れ物色狙いの買い継続

 大建工業<7905.T>が3日続伸。小幅ながら着実に上値指向だ。同社の主力は廃材を利用したエコ素材など不燃性内装材だが、復興需要を取り込み住宅向けの床材や壁材向けに好調に推移しているほか、住宅リフォーム需要の拡大も追い風となっている。物流拠点の再編による合理化効果も加わり13年3月期の連結経常利益は前期比6%増の49億円を計画しているが、増額修正含みだ。来期は物流合理化努力に加え、消費税増税前の駆け込み需要も収益に貢献する見通し。昨年来高値293円にはまだ時価と開きがあり、それだけに出遅れ物色狙いの資金が向いている。

大建工の株価は13時55分現在254円(△2円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)