シンバイオはストップ高、大証の15日から日々公表銘柄指定も買い継続

 シンバイオ製薬<4582.OS>は、前日比ストップ(100円)高の668円まで買い進められている。同社は、7日に、血液がん向けの治療薬「トレアキシン」について「慢性リンパ性白血病に対する第2相臨床試験の実施に必要な届け出が受理された」と発表したのがきっかけで急動意をみせている。その後、マザーズ市場、ナスダック市場の新興マーケットを中心にバイオ関連銘柄物色の勢いが増していることも支援材料となっているようだ。
 なお、大阪証券取引所は11日、シンバイオ株を15日から信用取引の日々公表銘柄に指定すると発表している。

シンバイオの株価は、14時09分現在668円(△100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)