円安けん制発言で調整・・・・・

88円台に押し戻され・・・・
 ドル円は甘利経済再生大臣による、「過度な円安は輸入物価に跳ね返り、国民生活にとってはマイナスの影響も出て来る」との発言を受けて、89.60円台から88.60円台まで急落しました。

 ドル円は先週、一時的に調整が入って86円台まで値下がりした後、再び3円近く上昇したので、再び、スピード調整や値固めが必要かと見られていた為、上記の発言が大きく材料視されたものと思われます。

 しかし、シカゴIMMの円ショート・ポジションが先週、4週連続で減少していた事で、ヘッジファンド等には円売りの余力がかなりあると思われます。

 又、日経平均株価が大きく値を上げているものの、ドル円の上昇により、ドルベースでの日本株のパフォーマンスが見劣りしており、円売りヘッジの必要性が一部で声高に叫ばれ始めています。

 これ等を鑑みれば、ドル円にはかなりの押し目買い意欲が潜在的に存在すると考える事が出来ます。この為、本日は88円台半ばでの値固めを終えれば、再び、89円台前半への反発が期待出来るものと思われます。