2011年2月17日の高値10891円を試せば、次は11000円へ

要注意は21~22日(火)の日銀金融政策決定会合の内容
 先週は、スピード調整あれば押し目買いとし、一段の円安(89円台)になると震災前の高値2月17日の10891円を試す動きになるとしました。週末はSQに絡んだ売りや円安一服で1月7日(月)、8日(火)と2日続落のあと、9日(水)は10398円まで下げ、しかし「日銀が物価目標2%へ」の報道を受け急反発となって△70の10578円となりました。週末の11日(金)は1ドル=89円をつけたことで10830円まで上昇し、△148の10801円と1年10ヶ月ぶりの10800円台で引けました。
 先週末は、大規模な緊急経済対策が決まったこともあり、10801円で引けましたが、さらに円が一段安(90円台)となるようなら2月17日の10891円を上回って11000円を試す動きも想定されますが、この水準ではいったん反落する可能性も考えていく方がよいでしょう。
 連休明けの15日(火)は、海外で一段の円安進行となっていたことで前場は△113の10914円で寄り付き10952円まで上昇、後場になると甘利経済再生担当相の円安の行き過ぎ発言から円安が一服して上げ幅を縮小し、△77の10879円で引けました。

【 オフィス出島から1週間無料体験のご案内 】
 昨年11月以降の2ヶ月間、毎営業日銘柄を推奨している「出島テクニカル・ワールド」の成績は、損益トントン程度の結果が2銘柄有るものの、勝率は実質的に100%の結果になりました、会員様には大きな利益を上げて頂くことが出来ました(出島テクニカル・ワールドの過去11年間の全銘柄実績は「ズバ株80」トップ画面からご覧頂けます)。

しかし出遅れたなどと諦める必要は有りません、上昇第1波は一旦終了となりますが、今後調整局面を挟んでその後上昇第2波が始まります。安倍新政権は夏の参議院選挙に向けて政策総動員で、円安、景気回復の達成に向けて取り組む事に疑う余地は有りません。 参議院選挙後も安倍新政権が政策を上手く推進して行けば数年に渡る長期上昇相場も期待出来ます。 下降相場が長く続くと懸念が先に立ち、株価上昇にも懐疑的になりがちですが、これまでと違う所は、簡潔に言えば日本の経済・金融政策ががらりと変る事、加えて欧米の状況が最悪期を過ぎて改善方向へ動き出している事です。

米サブプライムショック、リーマンショック以降は株式市場も低迷が続き、一言で言えば儲け難い投資環境が続きましたが、ここに来て儲け易い投資環境が訪れています(しかし銘柄の選択は重要)、株式投資を休んでいる方は、再度「株式投資を再開する大きなチャンス」で有ると言う事をお知らせ致したくここにコメントを書かせて頂きました。一週間無料体験もございますので是非、ご覧下さい。