サイバネットが続伸、新型FPD欠陥検査システムに関心

 サイバネットシステム<4312.T>が続伸、頑強な足取り。2月1日より販売開始するFPD(フラットパネルディスプレイ)欠陥検査システム「FPIS(エフピーアイエス)」をこの日から開催される第30回エレクトロテスト ジャパン(東京ビックサイト)で展示することが関心を集めている。新製品は目視では検出困難な高精細ディスプレイの欠陥を、移動ステージを使用することなく検出可能で、検査員の個人差に影響されない正確且つ定量的な評価を実現することから、開発製品の品質向上および開発プロセスの短縮が必要不可欠となるなかで、生産の効率化に貢献することが期待される。

 サイバネットシステムの株価は9時24分現在2万5020円(△280円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)