自動車株が軟調、円高修正一服で利益確定売り

 トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>など自動車株が軟調。前日の甘利経済財政・再生相が過度な円安を牽制する発言をしたのを契機に、為替市場で足もとは1ドル=88円70銭近辺、1ユーロ=118円台10銭近辺の推移と円高修正に目先歯止めがかかっており、これまで為替の円安による輸出採算改善を期待する買いも一服している状況だ。ただ、その中で電気自動車の「リーフ」の廉価版を米国で展開すると伝わった日産自<7201.T>は底堅い動きをみせている。

トヨタの株価は9時34分現在4230円(▼35円)。
ホンダの株価は9時34分現在3340円(▼40円)。
日産自の株価は9時34分現在886円(△3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)