ファーマライズが反落、第2四半期経常利益3割減を嫌気

 ファーマライズフォールディングス<2796.OS>が反落。15日の取引終了後、第2四半期累計(6~11月)連結決算を発表しており、売上高149億9500万円(前年同期比5.3%増)、経常利益5億600万円(同30.5%減)となったことを嫌気。昨年4月の薬価改定や後発医薬品の取り扱い増加に伴い処方箋単価が伸び悩んだことなどで既存店売上高が不調となったことに加えて、人件費増から販管費が増加し利益を圧迫した。なお、13年5月期予想は売上高331億円(前期比11.8%増)、経常利益16億1000万円(同9.5%増)の従来予想を据え置いている。

ファーマライズの株価は10時17分現在5万9500円(▼1000円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)