ダイハツは軟調、メリル日本証が目標株価を1650円に引き上げ

 ダイハツ工業<7262.T>は軟調。一時、前日比31円安の1731円まで売られている。メリルリンチ日本証券が15日付のリポートで、投資判断「アンダーパフォーム」を継続しながらも、目標株価を1450円から1650円へと引き上げた。全般軟調地合いの影響もあり、売りが優勢となっている。
 リポートでは「国内向け台数は懸念したほど落ち込まなかったが、販促費、固定費を含め経費増加が打ち消した公算。営業利益の9カ月進捗率は、年度計画1200億円に対し79%に達している」としている。

ダイハツの株価は10時40分現在1747円(▼15円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)