東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価の下げ幅200円超える

 16日後場寄り付きの東京株式市場は、日経平均株価が下げ幅をさらに拡大する展開となっている。下落幅は、前日比200円を超えている。外国為替市場での円高基調に警戒感が強まり、輸出関連の主力銘柄中心に売りが優勢で、ほぼ全面安症状となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)