高島が3日ぶりに反発、住宅用太陽光発電装置に再び注目と

高島<8007.T>が3日ぶりに反発。株価は前日比32円高の329まで買われている。同社は住宅用太陽光発電装置で先行しており、中国製の低価格製品を武器にした賃貸アパート向けなど業務用にも注力している。消費税増税に伴う駆け込み需要や反動減対策による住宅取得促進税制の拡充など、住宅需要は当面好調に推移するとみられることに加え、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーの普及も促進される方向から、同社の事業拡大による業績伸長に再び注目が集まっているようだ。

高島の株価は14時15分現在315円(△18円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)