<後場の注目銘柄>=リコー、合理化努力で収益力復活

 リコー<7752.T>は900円台での利益確定売りをこなして再浮上、1000円台に乗せてきた。

 人員削減などの合理化に積極的に取り組んでおり、今来期合わせて950億円規模の構造改革によるコスト改善効果が見込まれる。

 また、複写機販売後の消耗品アフタービジネスで利益を稼ぐ従来型の経営戦略を主眼とし、今13年3月期は営業、最終利益いずれも前期の赤字から大きく脱却する見込み。来期も大幅増益基調が続く見通しだ。

 欧州売り上げ比率が高いが、ユーロの今期社内設定レートは100円。1円の円安で15億円の利益が生じる計算で、円安メリット株としても妙味が大きい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)