反発機運を探る展開

反発機運を探る展開
昨日の甘利経済再生大臣による「円安けん制」発言に誘発された円買戻しの流れが続いており、ドル/円は一時88円を割り込んだ。

もっとも、来週21-22日の日銀金融政策決定会合で「大胆な金融緩和」が発表される可能性が高い事や、その後本格化するであろう日銀総裁人事をめぐる思惑などを考えると、足元の円安トレンド崩壊につながるような下落は考えにくい。

少なくとも20日移動平均線(執筆時点:86.81円)付近では下げ止まると見られる。

本日は米国で12月消費者物価指数(22:30)や12月鉱工業生産(23:15)などの経済指標のほかに、月末に行われるFOMCの基礎資料となる地区連銀経済報告(ベージュブック、30:00)が発表される。

経済指標の好結果や各地区連銀から景気回復基調を示す報告が見られれば、20日移動平均線まで到達することなく調整が完了する事も大いに考えられる。

本日のドル/円は、下値ポイントを模索しながらも反発の機運を探る展開が予想される。