海洋掘削がベトナムで掘削工事を受注

 日本海洋掘削<1606.T>は16日取引終了後にシンガポールで建造中のジャッキアップ型リグ「HAKURYU-11」(仮称)の新規案件としてベトナムConson Joint Operating Company(Conson社)からベトナム・ブンタウ沖の掘削工事を受注することで合意したと発表した。契約坑数はファーム1坑(約100日)とオプション7坑で、受注金額はファームのみで約1700万米ドル。2月中旬に契約を結び、6月をメドに工事を開始する。Conson社はベトナムPetroVietnam Exploration Production CorporationとマレーシアPetronas Carigali Overseas Sdn. Bhd.が各々44.4%、インドネシアPertaminaが11.2%を出資するホーチミン市に本拠を置く石油開発会社。

海洋掘削の株価(大引け)は2931円(▼124円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)