エア・ウォーターがテルモの在宅酸素・在宅輸液事業を譲受

 エア・ウォーター<4088.T>は、16日引け後、テルモ<4543.T>の在宅医療分野のうち、在宅酸素事業と在宅輸液ポンプ事業を譲り受けることで合意したと発表した。同事業の前期の売上高規模は約31億円で、譲受日は13年2月28日を予定している。エア・ウォーターは産業ガス業界の代表的企業だが、医療用ガスの分野でも国内のトップサプライヤーとして積極的なビジネス展開を行っている。そのノウハウや供給インフラをベースに在宅分野におけるテルモの高技術力や製品ラインアップを取り込むことで、多様化するニーズに対応していく構えだ。本件の対象は、テルモの在宅医療グループのうち在宅酸素事業、カフティポンプ事業及びテルモの100%子会社で製造会社の医器研と販売会社のテルモメディカルケアとなる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)