コニカミノルタHDが急反発、アジアでの事業展開加速

 コニカミノルタホールディングス<4902.T>が急反発。前日は為替市場で円が対ユーロで急速に買い戻される動きが出たのを受けて、欧州売り上げ比率の高い銘柄として軟調を余儀なくされたが、きょうは再びユーロ高・円安方向に向いており買い戻しが入った。また、同社は、米国際貨物大手のフェデックスが韓国で手掛けるオフィス関連事業の買収で合意したと17日付の日本経済新聞が報じたことも刺激材料となっている。「ビジネスコンビニ」事業で韓国最大手に位置し、ソウル市内を中心に26店舗を展開するフェデックス キンコーズ・コリアを買収する見通しで、韓国向け事業の買収でアジアでの海外展開を加速させる方針。

コニカミノルタHDの株価は10時40分現在677円(△27円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)