NECが急反発、大口買い継続し新値街道に復帰

 NEC<6701.T>が急反発。前日は為替市場で円が急速に買い戻されたことを背景に利益確定売りに押されたが、きょうはすかさず切り返し新値街道に復帰する強さをみせている。通信、IT機器の展開力で国内トップ、官公需にも強い日本を代表する企業として見直し買いが続いている。ファンダメンタルズ面でも長きにわたる業績低迷から離脱しており、株価は電機セクター大手の中では今なお最安値水準に放置されていることで、機関投資家など大口の買いが入りやすくなっているようだ。11日に策定された政府の緊急経済対策では、省エネ技術や電気自動車(EV)の普及推進が織り込まれているが、同社は神奈川県と、箱根でEV用急速充電器のサービス有料化に向けた実証実験を始めると伝えられており、これが支援材料となっている。

NECの株価は10時57分現在209円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)