東急リバが続落、三菱UFJMSが投資判断を引き下げ

 東急リバブル<8879.T>が続落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に引き下げたことが観測されている。目標株価は1430円(従来1280円)。主力の仲介事業は利益率の高いホールセールが拡大しており、13年3月期以降の営業利益は会社計画を上回ると予想しているが、割安感が薄れたことから投資判断を引き下げるとしている。

東急リバの株価は10時56分現在1376円(▼13円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)