NTTドコモが反発、GS証券が投資判断を引き上げ

 NTTドコモ<9437.T>が反発。ゴールドマン・サックス証券が投資判断を「中立」から「買い、コンビクション」とし、目標株価を13万円から15万8000円に引き上げている。同証券では、iPhoneの取り扱い開始、固定・無線のバンドル販売のいずれか、場合によっては両方を今後3~6カ月以内に意思決定する可能性が高まっていると想定。また、バリュエーションという面では、現在の配当利回りが4.6%と高水準にあり、株価は割安圏にあるとしている。

NTTドコモの株価は11時25分現在13万100円(△2100円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)