◎17日前場の主要ヘッドライン

・一休は昨年来高値、13年3月期経常利益が5割増の16億円と伝わる
・ナノキャリアが急伸、NC-4016の製法特許が国内特許査定を受けたと発表
・GSユアサが3日続落、B787トラブルでバッテリー異常が原因との見方
・ユニシスが急騰、大日印と共同での新事業戦略を材料視
・東光が急反騰、小型コイル増産が報じられる
・共同印が昨年来高値、13年3月期営業益横ばい報道も売り材料視されず
・パーク24が連日の新高値、月次好調で買い続く
・NECが急反発、大口買い継続し新値街道に復帰
・大手海運株がしっかり、バルチック指数10日続伸で
・ナイガイが大幅反発し新値、超低位で手掛けやすく短期筋の買いが流入

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)