ヤマトHDが底堅い動き、10~12月期営業利益は1割程度の増益と報じられる

 ヤマトホールディングス<9064.T>が全般市場が冴えない中でも底堅い動きとなっている。きょう付の日本経済新聞で、10~12月期の連結営業利益が、前年同期を1割ほど上回り約450億円だったようだと報じられたことが下支えとなっている。記事によると、配達関連の人件費や外部委託費などのコスト抑制策が奏功したほか、インターネット通信販売の拡大で主力の「宅急便」の取り扱い個数が増えたことが寄与したという。

ヤマトHDの株価は12時54分現在1402円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)