日揮は後場も軟調続く、駐在員拘束問題を不安視

 日揮<1963.T>は後場も軟調展開が続き3日続落。引き続き同社がアルジェリアで行っているプラント建設現場での駐在員拘束が不安材料視されている。これに対して会社側では「拘束された場所および人数などの詳細については、拘束された現場駐在員の安全を確保するため、発言を差し控える。現在、日本政府などと協調して、拘束された現場駐在員の救出に全力を挙げて取り組んでいる」とコメントを出している。また、業績に与える影響については分かり次第発表するとしている。

日揮の株価は12時51分現在2635円(▼85円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)