PS三菱は後場軟調、東証が17日から信用取引に関する臨時措置を解除

 ピーエス三菱<1871.T>は朝方続伸してスタートしたものの、後場に入って軟調な推移となっている。東証は16日、17日売買分からPS三菱株の信用取引に関する臨時措置を解除すると発表した。また、日証金も同日から、貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分での増担保金徴収措置を解除すると発表した。
 信用取引の規制解除で、売買の自由度が回復するとの見方から、朝方は買いが優勢となったものの、その後全般相場の下落に連動するかたちで売りに押されている。

PS三菱の株価は14時17分現在589円(▼17円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)