日本取引所が反発、連日の商い活況で収益向上期待の買い入る

 日本取引所グループ<8697.T>が反発。株価は前日比350円高の4975円まで買われ、12月28日の新規上場以来の高値を更新している。株式市場が連日、売買代金で2兆円前後の大商いで推移しており、売買活況が収益向上につながるとの期待から買いが入っている。きょうは円高方向から内需株を物色する動きもあり、輸出株からの資金シフトも観測されている。

日本取引所の株価は14時18分現在4875円(△250円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)