ブロンコビリーが12年12月期決算を発表 客単価の上昇で経常利益は過去最高

 ブロンコビリー<3091.T>が17日引け後に12年12月期決算を発表。売上高は99億8300万円(前の期比5.1%増)、経常利益は14億3200万円(同2.0%増)となり、過去最高益を更新した。同社は名古屋地盤にステーキ・ハンバーグ専門レストランを展開。価値と価格の両方を追求する4回のメニュー改定や6店舗の改装効果から、客単価の上昇、売上総利益の向上が収益増加に寄与した。13年12月期は売上高115億円(前期比15.2%増)、経常利益16億2000万円(同13.1%増)と2ケタ増収、経常増益の見通し。競合他社との差別化を強化し増収を図るほか、15店の新規出店、6店舗の改装効果を見込んでいる。また、配当は前期が年48円(前の期は年40円)、今期は年48円を継続する予定だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)