◎欧米外為市場サマリー

 17日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=89円94~95銭と前日に比べ大幅な円安・ドル高が進んだ。日銀金融政策決定会合で「追加緩和を実施」との報道が流れたことを受け、円売りが膨らんだ。一部では「物価目標2%を目指し無制限緩和を検討」との見方も伝えられ、一時90円13銭まで円安が進行した。17日発表の米経済指標は12月住宅着工件数や失業保険申請件数が堅調な内容だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)