新日鉄住金が続伸、薄鋼板の値上げ報道が株価支援

 新日鉄住金<5401.T>が続伸、5日移動平均線を絡め上げ足が加速している。ここ鋼材需要が回復傾向にあり、日本鉄鋼連盟が17日に発表した11月の普通鋼鋼材受注量は前年同月比7.5%増の585万トンと2カ月連続で前年同月比プラスとなった。東南アジアの自動車生産が好調で薄鋼板の受注が伸びていることなどが牽引している。これを背景に、同社も薄鋼板の一般流通向け販売価格を9カ月ぶりに6~9%引き上げに動くと日本経済新聞が報じており、業績回復への期待感が株価を後押ししている。

新日鉄住金の株価は9時21分現在226円(△5円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)