バンナムHDが3日ぶりに反落、12年4~12月期営業最高益報道も利益確定売りに押される

バンダイナムコホールディングス<7832.T>が3日ぶりに反落。18日付の日本経済新聞が「バンダイナムコHDの2012年4~12月期連結営業利益は前年同期比3割増の400億円前後になり、05年の経営統合以来、この期間としては過去最高になったようだ」と報じた。ソーシャルゲームの課金の好調が続いたほか、玩具もクリスマス商戦で「仮面ライダー」の変身ベルトの販売が伸びたことが要因と記事は伝えている。13年3月期通期の営業利益予想の前期比16%増の400億円は据え置く模様だが、07年3月期の過去最高益422億円を上回る可能性があるとしている。これを受けて株価は朝方、前日比19円高の1277円まで買われたが、今年に入り15%程度株価が上昇していただけに、その後は利益確定売りに押される展開にある。

バンナムHDの株価は11時04分現在1237円(▼21円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)