ブリヂストンが続伸、航空機向けウエート小さく買い戻しが優勢

 ブリヂストン<5108.T>が続伸。ボーイング向けにタイヤを納入していることから、787事故の影響が警戒され一時的に売られたが、航空機向けのウエートは小さく、買い戻しが優勢になっている。17日に「タイにテクニカルセンターを設立する」と発表したことも支援材料になった。タイヤ開発や生産技術、品質管理などの機能を新テクニカルセンターへ移管、タイを中心に東南アジアに進出する日系自動車メーカーなど、ユーザーへの対応を強化することが目的で、一段の海外事業拡大の基点になると期待されている。

ブリヂストンの株価は10時59分現在2407円(△63円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)