ホギメディが反落、13年3月期の配当を引き上げも売り先行

 ホギメディカル<3593.T>が反落。17日引け後に13年3月期の配当予定の引き上げを発表。前回予想は第3四半期と期末ともに24円で年96円配当だったが、それぞれ2円増の26円として年100円配当(前期は年86円配当)に引き上げる。また、同時に発表した12年4~12月期連結業績は売上高252億300万円(前年同期比4.7%増)、経常利益66億2900万円(同7.5%増)と増収、経常増益となった。病院向け情報管理システム「オペラマスター」の契約が伸びて医療用キット製品が好調なことや生産性の改善が要因だ。ただ、13年3月期通期は売上高328億7000万円(前期比3.1%増)、経常利益80億6000万円(同3.0%増)の前回予想を据え置いたことから、いったん好材料が出尽くしたと見た向きの売りが先行している。

ホギメディの株価は10時44分現在4095円(▼25円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)