三井化学が反発、PP自動車材を米国で増産

 三井化学<4183.T>が反発。17日に米国で、ポリプロピレン(PP)自動車材の需要拡大に対応するため、生産能力を年1万4000トン増強、年間26万8000トンにすることを発表した。今回の増強で、拡大する北米市場におけるトップクラスの供給力を強化するとともに、グローバルな供給体制をさらに強固なものにする方針。米国で日本メーカーの自動車販売が回復するなかで、今回の増産による効果が期待される。

三井化学の株価は10時41分現在210円(△6円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)