日本取引所がストップ高、活況相場続き収益向上期待の買いが継続

日本取引所グループ<8697.T>が大幅続伸し、株価は前日比705円高の一時ストップ高となる5690円まで買われ、4日に東証に上場して以来の高値を連日で更新している。売買代金が今年に入り2兆円前後で推移するなど、株式市場の活況が続いている。このため収益源である参加者料金の増加が見込まれることから、収益向上に期待した向きの買いが継続している。また、4日の東証上場からきょうの高値まで株価が5割超上昇するなど、値動きの軽さから買いを入れる向きもあるようだ。

日本取引所の株価は12時47分現在5640円(△655円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)