豊田通商が昨年来高値、センコーとタイで輸送合弁会社を設立

 豊田通商<8015.T>が昨年来高値を更新。17日に「センコーとタイで輸送合弁会社を設立した」と発表。現地進出自動車メーカーや部品メーカーへの物流機能強化が目的で、新会社は豊田通商タイ現地法人の協力会社として日系自動車工場向け部品調達、輸送やケミカル製品、一般貨物の輸送を行う。出資比率は現法のトヨタ・ツウショウ・タイランドが51%、センコー<9069.T>が49%で、4月から自動車部品輸送をスタート、初年度の売上高約1億円、5年後に約6億円を目指しており、早期収益貢献が期待されている。

豊田通商の株価は13時00分現在2294円(△80円)。
センコーは414円(△2円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)