三井造が4営業日ぶりに反発、シンガポールで年産30万トンのポリマープラントを受注

 三井造船<7003.T>が4営業日ぶりに反発。同社は17日に「プライムポリマーと三井物産がシンガポールで計画している年産30万トンのメタロセン系ポリマープラントの建設工事を受注した」と発表したことが買い手掛かりになった。シンガポールでは昨年末に三井化学の子会社から包装用ビニール原料の特殊樹脂プラントを受注するなど、石油化学プラントの受注件数は1982年以降31件にのぼり、これまでの実績が評価された。米国ではクラレ現法からフィルム原料の樹脂プラントを受注、総額300億円を超える受注残を抱え、今後の業績への貢献が期待されている。

三井造の株価は13時08分現在141円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)