昭和シェル、コスモ石が高い、メガソーラー共同展開が手掛かり

 昭和シェル石油<5002.T>、コスモ石油<5007.T>がいずれも堅調。石油精製元売の大手だが、太陽光発電など再生可能エネルギーのテーマでも注目度が高い。両社は先日、共同でメガソーラー(大規模太陽光発電所)の運営事業を始めると発表しており、これが株価の手掛かり材料として注目されている。共同出資会社「CDSソーラー」通じコスモ石油の油槽所跡地など8カ所に建設する見通し。コスモの遊休地を活用し、昭和シェルが持つ発電事業のノウハウを生かしていく構えだ。

昭和シェルの株価は14時14分現在504円(△17円)。
コスモの株価は14時14分現在194円(△4円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)