シャープが急伸後もしっかり、10~12月黒字化観測報道伝わる

 シャープ<6753.T>は前日の急伸後もしっかり。円高修正で追加融資の前提と見られていた10月~3月の黒字転換の確度が高まり、本格的な経営再建進展を期待した買いが続いており、きょうは朝日新聞の報道で「12年12月期(10~12月)は営業損益が当初の赤字予想から数億円以上の黒字になる」と伝えられたことが支援材料になった。17日申し込み現在の日証金残高は貸株が280万株強、融資が182万株弱増えるなど取組みに厚みが増し、5銭の逆日歩がついており、好需給も下値を支えている。

シャープの株価は14時31分現在344円(△6円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)