都競馬が3日ぶり反発、日銀の追加金融緩和実施観測で含み資産人気に期待

東京都競馬<9672.T>は3日ぶりに反発。株価は前日比17円高の229円まで買われている。来週行われる日銀の金融政策決定会合で追加の金融緩和が実施されるとの観測が強まっている。余剰資金の不動産市場への流入期待を背景に、含み資産株に人気が回る可能性があり、大井競馬場など保有不動産が多く、含み資産株の一角として注目度の高い同社に、短期筋の思惑買いが再び流入しているようだ。

都競馬の株価は14時09分現在224円(△12円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)