達成感はあるか?・・・・

ドル円は90円台回復したが・・・・
 ドル円は2年7ヶ月ぶりに90円の大台を回復しました。筆者を含め、今回の上昇基調が強まる中で、一応の目処として、90円の大台を意識していた市場関係者は多いと思います。そして、弊社のお客様を含め、多くの個人投資家の皆様も同じ様な感覚をお持ちの様で、昨日はかなりの利食い売りが90円付近で執行されており、買いポジションが大幅に減少しました。

 となると、通常なら、或る程度の「達成感」が強まり、相場は一旦、反落するはずです。しかし、NY時間に90円台を付けた後、下がって処で、89円台後半がせいぜいで、その後は90円の大台を挟んだ揉み合いに移行しました。

 ですから、此の相場は、まだ終わった訳では無く、来週の日銀の会合の結果が出るまでは、もう少し、上を目指して、じりじりと上昇するのかもしれません。一旦、利食い売りで、多くの人のポジションが軽くなっており、当然、押し目待ちの状態となっている訳ですから、文字通り、「押し目待ちに押し目無し」となる可能性が高い様に思います。