ノダの12年11月期の営業利益は前期比6.5%増の22億5000万円

 住宅建材大手のノダ<7879.T>は、18日引け後に12年11月期の決算と、13年11月期の業績予想を発表した。
 12年11月期の決算は、売上高528億3600万円(前の期比12.9%増)、営業利益22億5000万円(同6.5%増)、純利益33億3300万円(同2.9倍)となった。
 住まい作りに最適なユニバーサル(すべての人が使い易い)デザインの住宅建材や、高齢化社会に対応したバリアフリー関連商品による事業展開では、一般住宅のほか、介護施設など非住宅分野への提案営業も強化しシェアを確保した。さらに、地域別需要動向の的確な把握に努め、営業拠点の再編成を推進したことで、床材や建具などグループ主力の建材製品の販売が伸長するとともに、円高などによる生産コスト低減も奏功した。
 なお、13年11月期連結業績については、売上高550億円(前期比4.1%増)、営業利益22億5000万円(同横ばい)を見込んでいる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)