米久がストップ高カイ気配、三菱商事が連結子会社化を発表し一株950円のTOB価格にサヤ寄せの動き

 米久<2290.T>がカイ気配を切り上げ、前週末比150円高のストップ高となる893円まで気配値を切り上げている。18日引け後に三菱商事<8058.T>が米久の連結子会社化を発表。一株950円でTOB(公開買い付け)を実施することからTOB価格にサヤ寄せする動きにある。三菱商は米久の現在の出資比率23.55%から50%超への引き上げを目指し連結子会社化とする方針で、買い付け株数の下限は589万9200株で上限は設けない。買い付け総額は176億5500万円。買い付け期間は1月21日から2月20日まで。米久は上場を維持する方針だ。三菱商事の株価も堅調な動きにある。

米久の株価は9時57分現在893円(△150円カイ気配)。
三菱商の株価は9時57分現在1831円(△17円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)