日電硝は軟調、 クレディスイス証が投資判断を「アンダーパフォーム」に格下げ

 日本電気硝子<5214.T>は軟調。一時、前週末比16円安の439円まで売られている。クレディ・スイス証券が18日付のリポートで投資判断を従来の「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」へ、目標株価を450円から360円へとそれぞれ引き下げたことが嫌気されている。
 リポートでは「液晶ガラスの販売価格は安定傾向にあるが、中国や北米での液晶パネル、テレビセット向け液晶用ガラスの生産調整を強いられる可能性が高い」としている。

日電硝の株価は11時30分現在444円(▼11円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)