マルカキカイが3日ぶり反発、東南アジア工場進出支援事業に参入

 マルカキカイ<7594.T>が3日営業日ぶりに反発。21日付の日経産業新聞が「東南アジアへの工場進出を支援する事業に参入する」と報じたことが好感された。インドネシアなど3カ国で現地従業員を4割増員、工場用地の手配や機器のレイアウト設計など、進出計画段階から関係を築くことで機械販売を増やし、東南アジアの売上高を2015年11月期までに現在の約4割増の160億円に引き上げたい考えと伝えている。海外事業の拡大で今11月期業績予想は上ブレが観測されるなど、足もとの業績も好調なことも買い安心感を誘った。

マルカキカイの株価は12時56分現在1130円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)