UMNがS高、新興市場のバイオ関連株に値動きの軽さに注目した買いが入る

 UMNファーマ<4585.T>がストップ高カイ気配となっているほか、タカラバイオ<4974.T>、ナノキャリア<4571.T>など新興市場のバイオ関連株が高い。政府の緊急経済対策でiPS細胞を中心とした再生医療研究に今後10年間で1100億円規模の支援を行う方針となったことことをきっかけにバイオ関連株物色が活発化。特にこの日は、東証1部の大型株に手掛かり材料が乏しい中、相対的にこれらバイオ関連株に値動きの軽さに注目した短期資金が向かっているもよう。

UMNの株価は12時52分現在3990円(△700円)カイ気配。
タカラバイオの株価は12時52分現在1162円(△72円)。
ナノキャリアの株価は12時52分現在20万1100円(△1万8100円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)