<後場の注目銘柄>=ポールHD、中期で年率20~30%増益へ

 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657.T>は、ソフトのデバッグ(不具合検査)を手掛けている。

 スマートフォンの普及を追い風に、市場拡大が続くソーシャルゲーム向けなど、同社が強みを持つデバッグ・検証事業が拡大基調にある。パチンコ・パチスロ向けも好調に推移しており、昨年9月には2度目の今期業績上方修正を実施した。

 今後は中期的に20~30%増程度の年率利益成長が達成される可能性が濃厚。13年1月期の連結業績予想は、売上高108億7500万円(前期比30.0%増)、営業利益18億1600万円(同42.4%増)と極めて好調な推移予想。株価は昨年11月末以降、順調に下値を切り上げている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)