KNTCTが昨年来高値、円安で国内旅行シフトに期待

 KNT―CTホールディングス<9726.T>が続伸、一気に昨年来高値を更新した。為替の円安進行や原油価格上昇による燃油サーチャージ料金引き上げ懸念から海外旅行から国内旅行へのシフトが予想されるなかで、国内旅行が全売上高の約6割を占める同社への関心が高まっている。今年1月にクラブツーリズムとの経営統合で持ち株会社に移行しており、経営効率の進展期待もある。

KNT―CTホールディングスの株価は14時01分現在138円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)