日本ペイントが続伸、青空圏を飛翔する展開に

 日本ペイント<4612.T>が続伸、前週末に11年ぶりの800円台を回復した後もノンストップで新値街道を突き進む展開だ。テクニカル面では25日移動平均線とのカイ離も大きく目先過熱感があるものの、今期一株利益は60円予想と高収益でありPERなどバリュエーション的に割高感はない。自動車用や建築用塗料で高シェアを誇り、自動車向けは国内外での生産回復を背景に販売が大幅な伸びを示している。日々100万株を超える商いをこなすわりには、信用取組では売り残、買い残ともに20~30万株と薄く、“因縁玉”の乏しさも値動きの軽さにつながっているもようだ。

日本ペイントの株価は14時51分現在810円(△10円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)