大日印が小幅反落、インドネシアジャカルタ洪水被害を警戒

 大日本印刷<7912.T>が小幅反落。19日付の日本経済新聞が「インドネシアの首都ジャカルタ中心部で広がった洪水で、同社が工場を構えるプロガドゥン工業団地周辺では約300の工場が操業を停止している」と報じたことで、被害の影響が警戒されている。一部では、30センチ~1メートルほどの浸水が引かず、電力供給が止まっているが、07年の大洪水よりも増水の速度、量とも状況は厳しいとの見方もあると伝えている。ただ、今のところ被害の拡大は伝えられておらす反応は限定的。

大日印の株価は14時58分現在704円(▼2円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)