伊藤忠が反発、12年4~12月期純利益8%減の2000億円報道も買い先行

伊藤忠商事<8001.T>が反発。22日付の日本経済新聞が「伊藤忠商事の2012年4~12月期の連結純利益は、前年同期比8%減の2000億円前後になったようだ」と報じた。稼ぎ頭の鉄鉱石価格が中国経済の減速懸念で昨夏に急落したことが響いたことが要因と記事は伝えている。ただ、繊維や機械、食料などの非資源分野は好調で、収益を下支えしており、この期間の純利益では前年同期に続く過去2番目の高水準を維持したとも伝えており、収益の底堅さを評価した買いが優勢になっているようだ。

伊藤忠の株価は9時15分現在980円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)